FC2ブログ

20年後の私も美しい

「20年後の私も美しい」
(2018/フランス/La belle et la belle)


belle01.jpg

「映画/批評月刊~フランス映画の現在をめぐって」 その2

2本目は、「BEST OF 2017-2018」 の一本です。
ベテランの女性監督 ソフィー・フィリエールの作品。
メルヴィル・プポー目当てでひとつ。


将来について展望がないまま日々を送っていた大学生のマルゴーは、40代半ばの女性マルゴーと知り会う。二人は自分たちが同じ人間で、一つの人生の異なる年齢を生きていることを知る・・・。

今45歳のマルゴーは、かつての親友の葬儀の為久しぶりに故郷に帰る。葬儀の後に出たどこかのパーティーで20歳(くらい?)のマルゴーと顔を合わせる。

ふつーこういうタイムスリップみたいなのは、両者が顔を合わせてはいけないとかルールがあるけれど、これはそういう理屈はすっ飛ばしてある。つまり二人とも現代に生きている。
今やそれがわかるのは電子機器の存在だわよね
二人とも最新のi-phoneを持っていて、二人はメールのやり取りをする。

そこにメルヴィル・プポーが現れる。メルヴィルはマルゴー45の元カレ。
結局男のタイプが同じなのか、マルゴー25(二十歳くらいだけど、25でよろしくで~す)はメルヴィルと寝てしまう。

メルヴィルはやっぱりチャーミングだな。年をとっても”それなりに”ステキ☆

belle02.jpg

テンポもいいし、コメディセンスもよし。

マルゴー45は自分が通った道なので、マルゴー25にこれから何が起きるか知っている。
「今は親友だけど、彼女とはその内疎遠になるわよ。そして彼女は45歳で亡くなる」
などと教える。

マルゴー25は45を見て、自分の進むべき道、学びたいことがわかって来るのだった。
ソフィー・フィリエールは、
「現代に生きる女性たちが風変わりなシチュエーションに巻きこまれるラブコメディー」
を発表している監督。

マルゴー25を演じたアガット・ボニゼールは、フィリエール監督の娘。
マルゴー45役はサンドリーヌ・キベルラン。
2017年レインボー・リール東京(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)上映作品「17歳にもなると」(2016)で主人公の母を演じた。
いろんな作品によく出てるよね。

ソヴァージュPageTopパリ、18区、夜。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

https://agorass424.blog.fc2.com/tb.php/1487-da4da54d

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

最近の記事
ブログ内検索

カテゴリ
カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント