FC2ブログ

GOD SAVE THE QUEEN JAPAN TOUR 2018

「GOD SAVE THE QUEEN JAPAN TOUR 2018 」

god02.jpg

クィーンのトリビュートバンド、GOD SAVE THE QUEEN JAPAN TOUR 2018  に行って来ました。

@日本青年館ホール 
↑建て替えられ、昨年リニューアルオープンしたらしい。
キレイに生まれ変わっててびっくら!!
1249席というキャパもほどよく、見やすかったです。



トリビュートバンド?!
要するにコピーバンドってことだけで、ようわからんままチケット取った。
コピーバンドながら完成度高く、ファンの評価もいいらしい。

さて・・・

よかったです!
と~~っても楽しかった~!


ヴォーカルのパブロ・ペイディンがすばらしいの。
衣装とかパフォーマンスとかすごく研究してるのも関心するけど、声質も歌い方も似てるし歌もうまい。。
パブロはヴォーカルだけでなく、キーボードもギターも弾きこなしてた。
かつてフレディとブライアンがおそろいのadidas 履いてたけど、そこんとこもちゃんとコピーしてたw(TOP画像ご参照)

観客と一体になれる盛り上げ方も知っていて(「RADIO GAGA」「WE WILL ROCK YOU」とか)、「I WANT TO BREAK FREE」では、PVのフレディの女装そのままの格好で登場したり、エンターテインメントとして楽しめました。
「ボヘミアンラプソディー」のコーラスとか、作り込んでなくてシンプルな手作り感もかえって好感持てる。

でもね、パブロがフレディに寄せていればいるほど、見ていて複雑な気持ちになりました。
私たちはそこに35年前のフレディの幻影を見ているだけのような。
パブロの声はつややかでパワフル。あの時のフレディそのもの。
まるで時が止まったような錯覚を覚えました。

フレディが生きていれば今年72歳。
もしフレディが元気に生きていたら、どのような形で音楽活動を続けていたのだろうか。

終わってから調べたら、彼らはアルゼンチン出身だった!
「ローリングストーン」誌が「史上最高のトリビュートバンド!」と称え、南米・欧州など世界30ヵ国でライブを行っている。
昨年に続いての来日ということですが、また絶対行きたいです!

QUEENといえば、現在彼らのバイオグラフィ映画「Bohemian Rhapsody」が製作中。全米で11月公開予定。
フレディ役ラミ・マレクがかなりいい仕上がり。早く見たい!!

映画 さよなら渓谷PageTopザ・プレイス 運命の交差点

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

https://agorass424.blog.fc2.com/tb.php/1383-93924f46

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

最近の記事
ブログ内検索

カテゴリ
カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント