FC2ブログ

ラブレース

[ラブレース]
(2013/LOVELACE)


lovelace01.jpg


敬愛する映画監督 ロブ・エプスタインとジェフリー・フリードマンコンビの新作。
彼らを知ってから、リアルタイムで新作を観るのは初めて。うれしい!
初日にミタ。

@ヒューマントラストシネマ有楽町


続きを読む

セルロイド・クローゼット その2

「セルロイド・クローゼット」 その2



cell50.jpg


(画像 [パッケージ・カバー] : アルフレッド・ヒチコック <ロープ>)

1924年 実際に起こった事件 「レオポルド&ローブ事件」 を元にした。
富裕なユダヤ人家庭出身、名門シカゴ大学の学生が、ニーチェの超人思想を実践して犯した殺人事件。二人は14歳から同性愛の関係にあったと言われている。
映画では二人の関係性は描かれないが、”感じる人には感じる” 部分がある。
『見知らぬ乗客』 『私は告白する』 と共に、ヒッチコック ゲイ映画三部作と言われている。



~ 1月22日 <セルロイド・クローゼット> その1 からの続き ~


同性愛者がスクリーンに登場するようになった。
しかし、表舞台に出ると、別の脅威にさらされた。


続きを読む

セルロイド・クローゼット その1

「セルロイド・クローゼット」
(1995/The Celluloid Closet)




セルロイド・クローゼット [DVD]
ヴィト・ルッソ
アップリンク
2001-09-28




これを最初に観たのは何年前だろうか?
たしか、NHK-BSで放送していたと思う。
とにかく、ショックだった!
よくまあ、こんな作品を作ってくれた!


続きを読む

刑法175条

「刑法175条」
(2000/USA/Paragraph 175)


PARA01.png


ナチスによる迫害が、ユダヤ人だけではなく同性愛者にもおよんでいたことはあまり知られていない。
この映画は同性愛者を差別するドイツの “刑法175条” によって迫害を受けたゲイ男性たちとひとりのレズビアンについて、歴史に隠された一面を聞き出している。
ハインツは強制収容所での体験を告白し、フランス人ピエールは自分のボーイフレンドが虐殺されるのを目撃し、ユダヤ人のガドは地下抵抗組織の指導者としての経験を語る。


ロブ・エプスタインつながりでひとつ。

そういえば、前にロブ作品を観たなあと、思い出した。
こちらのナレーションは、なんと! ルパート・エヴァレット!
キャステイングがデキすぎだよ~、ロブ!

続きを読む

ハーヴェイ・ミルク

「ハーヴェイ・ミルク」
(1984/THE TIME OF HARVEY MILK)



milk011.jpg




サンフランシスコの市政執行委員・ミルクは市長と共にゲイやマイノリティ差別撤廃を働きかけるが、同じ委員の男によって暗殺される。その事件を彼の活動の軌跡と共に描く。
アカデミー最優秀長編記録映画賞を受賞したドキュメンタリー。



久々にしゃくり上げて泣きました・・・。

続きを読む

PageTop

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

最近の記事
ブログ内検索

カテゴリ
カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント